カーペットのある暮らし

もう慌てない!カーペットにコーヒーをこぼしたときの対処法

カーペットにうっかりと、お茶やジュースなどの飲み物や食べ物を落としてしまい、シミを作ってしまうというのは、一般家庭でよくあることです。
特に問題となってくるのがコーヒーをこぼしてしまった場合です。
水やジュースなどと違い、対処法を誤ってしまうと、一生消えることがないシミになってしまいかねません。
シミを作らないためには、こぼした直後に落ち着いた対応を取ることが第一条件となってきます。
そのために、常日頃からベンジンや消毒用エタノール、オキシドールなどの薬品を常備しておくとよいでしょう。
こぼしたコーヒーの量が多ければ、まずは乾いた布やティッシュペーパーを使って、できるだけ吸い取ります。
このときあまり力を入れすぎないことが大切です。
雑巾などを軽く持って、叩くようにして水分を吸収させるとよいでしょう。
次のステップは、消毒用エタノールで茶色く変色してしまったカーペットを漂白していきます。
消毒用エタノールは、薬局やドラッグストアで簡単に手に入ります。
小さな子供のいる家庭では、誤って子供が飲用しないように保管場所に注意が必要です。
エタノールを含ませた布で、優しくパッティングしながら根気よく色を落としていきます。
湿っている状態では綺麗になったように見えても、乾燥するとコーヒーの色が目立つことがあるので要注意です。
その場合にはもう一度、綺麗になるまで粘り強く繰り返しましょう。

カーペットがあれば安心な賃貸マンション生活

賃貸マンションで暮らしていく上で多くの人が気にかけてしまうものが生活音です。
実際問題としても賃貸マンションにおける隣人トラブルで問題になりやすいのが生活音による騒音トラブルであり、上の階の人の足音や家具や扉を動かす音すら気になってしまう人もいることを配慮して生活しなければならないことがあります。
そういった際に安心を生むのがカーペットです。
床に敷くことによってクッション剤としての役割を果たすことから足音はもちろんのこと、何かものを落としてしまったり、引きずったりするときにも下の階に伝わる音がかなり軽減されます。
実際にトラブルになった際にも解決案としてカーペットを敷いて対応するという提案は有用なものであり、その程度で我慢してもらえるなら実践できるという人も多いでしょう。
一方、その恩恵は隣人トラブルの回避だけではなく、部屋を守るという効果もあります。
ものを落として傷つけてしまうリスクを減らしたり、日焼け等で劣化が進むのを防止したりすることができます。
退去の際に問題となる原状回復においても有利になることは間違いないでしょう。
そういった観点からも賃貸マンションに住む上ではカーペットを敷くというのは賢い方法なのです。

check

成人式 前撮り 岡山
http://seijinshikimaedori-okayama.jp/
石垣島で体験ダイビング予約
http://www.panari-marine.com/
マタニティ ワンピース
http://tori-maternity.com/
タイルカーペット
http://stepline.jp/tile-carpet.html
神奈川 貸倉庫
http://kanagawa-fact.com/
遺品整理 大阪
http://ihinnseiri-prostaff.com/
ブランド 買取 心斎橋
http://www.cocoage.jp/
個性心理学を学ぶ
http://www.isdkumamoto.jp/

最終更新日:2016/2/4