カーペットのサイズ

見落としていない?センスある人が抑えているカーペットのサイズ

新しい住まいで新たな生活を送ることになった時に、インテリア選びを楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか。
新居のためのインテリア選びには家具やカーテンなど様々なものがありますが、まずは、家具を入れる前の最初の段階で準備を要するものがカーペットです。
床材を守ったり、保温効果を持たせる機能的な役割もありますが、部屋の面積の多くを占めるため、部屋の印象を左右する重要な役割も担っています。
しかし、そのような重要なアイテムでありながら、購入の際のサイズの間違いをしてしまう人も少なくありません。
その理由の一つが、サイズ表記の確認ミスです。
お店で表記されているものの中には、サイズが畳で何畳分と記載されているものもあり、その数を目安に購入してしまう人も少なくありません。
しかし日本では、間取りの数え方に、本間、京間、江戸間、団地間など様々な種類があります。
そのため、間取りをcmやmなどの具体的な数字で確認しておくか、部屋の広さがどのような間取りによる数え方なのかを確認した上で購入する必要があります。
部屋に対してバランスの良いカーペット選びをすると、素敵なお部屋作りができるのではないでしょうか。

サイズがぴったり合うカーペットを購入したいなら

床に傷や汚れをつけたくないなら、カーペットを敷く方法が最適です。
階下に音が漏れるのを防ぐこともできますし、保温効果もありますので寒い季節には特におすすめです。
また、あらゆる素材や模様の種類が販売されていますので、インテリアとしても重宝されています。
もしもカーペットの購入を考えているならば、部屋のサイズにぴったりの製品を選ぶことが重要です。
そのためにも、通信販売による購入が最適です。
なぜなら、自宅にいながら選ぶことができますので、部屋の中を見比べながら検討することが可能だからです。
また、通信販売を行っているホームページでは、サイズのほかにも、特徴や価格が明記されていますので、好みや予算に応じて選べます。
ダニ予防に効果的なカーペットも販売されていますから、気になる場合は重点的に検索しましょう。
また、北欧など、海外の輸入品を取り扱っているホームページもありますが、オリジナリティあふれるデザインのために関心を持つ人が増えています。

Favorite

2016/11/22 更新